プラチナデータ

「プラチナデータ」を観た。

DNA捜査の関係者を狙った連続殺人事件が発生。DNAを使った捜査システムが導き出した犯人は、ある科学者で……。二宮和也&豊川悦司が共演したサスペンスミステリーだ。

ストーリーは、

神楽は警察庁の科学捜査機関“特殊解析研究所”、通称“特解研”に所属する天才科学者。同じく天才数学者である早樹とともに開発したDNA捜査システムを用い、所長の志賀のもと、いくつもの難事件を解決してきた。神楽はDNA捜査の重要関係者が次々と殺された事件の捜査を担当するが、システムを開発した早樹も被害者となってしまう。犯行現場からわずかに見つかった証拠からシステムが導き出した人物はなんと神楽自身で……。

と云ったものだ。

人間は神の領域には近づいてはならない……!?

あの人気作家・東野圭吾さんの原作の映画化で嵐の二宮さん主演とあって、やはり面白かった。
ネタバレになるから詳しく書くことを控えるが、少し色々と織り込んだが、そのことが話しを判りづらくしているのかも知れないとも思ったが、二宮さんも豊川さんも対峙する場面は、さすがに格好良く感心した。

DNAによる親子鑑定、病気のリスク、適正職種など、最近DNAが色々と話題になっている。
もし本当に髪の毛1本から体格や職業、性癖まで判ったとしたら……。
このことを素晴らしい事と考えるか、恐ろしい事と考えるかは、私たち一人ひとりの考え方なのかもしれないと、作品を観ながら思った。

でも、生活環境も人の性格を形成するのには大きく関係するのでは……。

またひとつ面白い映画に出逢えたことに感謝したい。

やはり映画は心がホッコリなれるし、ジーンとなれるし、ワクワクなれるから大好きだ。

画像

プラチナデータ Blu-ray スタンダード・エディション
東宝
2013-09-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プラチナデータ Blu-ray  スタンダード・エディション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



プラチナデータ (幻冬舎文庫)
幻冬舎
東野 圭吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プラチナデータ (幻冬舎文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック