王になった男

「王になった男」を観た。

顔が似ていて地位も境遇も違う人間が入れ替わるテーマはさまざまな作品で描かれたが、本作では朝鮮15代王・光海君(クァンヘグン)と道化師の物語を通じて描いた作品だ。

ストーリーは、

光海君とそっくりなため、毒殺の危機におびえる光海君の影武者を務めることになった道化師ハソン。大臣たちの陰謀の気配が渦巻く宮中での不安から暴君と化していった光海君だが、ある日彼が病床についたことをきっかけに、料亭で腐敗した権力の風刺をしていたハソンは極秘の代役として、光海君にすり替わる計画に巻き込まれる。ハソンは戸惑いながらも、次第に操り人形ではなく民のことを考える真の王として周囲を魅了していく。

と云ったものだ。

人は人を何処まで変えられるのか? を問う作品だ!

「入れ替わり」、という使い古されたテーマ作品だ。
「変身」同様に、誰もが持つ願望をテーマにしている。

この作品は朝鮮王が入れ替わると云うものがたりだ。
が、いかんせん韓国の歴史には詳しくない。
だからこの王が何をしたのかも分からない。
知っていたらもっと楽しめたと思う。

しかし、そんな歴史を知らない私でも充分楽しめたのも確かだ。
二役を演じたイ・ビョンホンの好演に加え、彼を支えたキム・イングォン、チャン・グァンら脇役も魅力ある人達を好演していた。

この作品を観終わって思った。

人は人を何処まで変えられるのか? を問う作品だ! と……

画像

王になった男 プレミアムBOX [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2013-10-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 王になった男 プレミアムBOX [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック