ドライビングMISSデイジー

「ドライビングMISSデイジー」を観た。

黄昏に向かっていく余生の中、肌の色や階級の違いを乗り越えて次第に友情を育んでいく2人の主人公。作品の底辺に流れる、人類愛の精神が観客の胸を打つ作品だ。

ストーリーは、

有色人種に対する差別が当たり前だった1948年、ジョージア州アトランタ。元教師である老いた未亡人デイジーが自分で運転する自動車で事故を起こしかけたため、その息子ブーリーはホークというアフリカ系の運転手を雇う。老いたのを認めたくないデイジーは最初ホークを疎んじたが、ホークの誠実な人柄に気づいていくうち、2人の間のわだかまりは小さくなっていき、それから25年間、2人は友情の関係を続けていく……。

と云ったものだ。

久し振りに落ち着いた人間ドラマを観せてくれた作品だ!

しばらく映画鑑賞から離れていた。
4月期から始まった各局の新作ドラマをチェックしていたからだ。

誰に頼まれたわけでもないのに、ドラマの改編期は、こうして各ドラマの1話を全てチェックするのが自分の中で恒例になっているのだ。

そして、最近特に感じるのはいかに刑事・犯罪ドラマの多いかと云うことだ。
刑事ドラマと特撮ドラマの大好きな私だから大歓迎なのだ。

だが……だが、気が付いたらいつのまにか心が落ち着いたドラマも観たいと欲するようになっていた。

そんな気持ちの中この作品を観た。

何だか、とても落ち着いた。
落ち着いたと云う気持ちと同時に、映画の良さをあらためて認識した1本となった。

感想をウダウダと書くことはしない、とにかく見て欲しい作品だ。

この作品、久し振りに落ち着いた人間ドラマを観せてくれた!

画像

ドライビングMissデイジー デラックス版 [DVD]
IMAGICA
2006-12-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドライビングMissデイジー デラックス版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

2015年07月17日 18:16
迷いを振り切り初コメント残させてもらいました(o´∀`o)
こんなにドキドキしてるのは久しぶりです(汗)
実は…ここの所ずっと気持ちが落ちてたんです。
でもここに辿りつけてブログを読んでいたら、気分転換出来たのか少し気持ちがスッキリしました(*´▽`*)

今までの私は余裕が無さ過ぎて、こうじゃなきゃダメなんだって自分のこと縛ってた気がするんです。
でも私は私なわけで誰かの型に惑わされ過ぎていたのかなと思えました^^
本当にありがとうございます(○^▽^○)

maki2.co@i.softbank.jp(@は小文字にしてください)

もし…よかったら少し私の悩み聞いてもらえないでしょうか?あまり友人もいなくて中々意見を聞ける機会がないんです。
迷惑でしたらすみません。このコメント消してしまってください。

この記事へのトラックバック