ひまわりと子犬の7日間

「ひまわりと子犬の7日間」を観た。

空前のペットブームの陰で、飼い主の手を離れ、殺処分される犬や猫の数は、実に年間17万頭。この悲しい現実を背景に、2007年、宮崎で実際にあった出来事をもとに生み出された感動のヒューマンストーリー。引き取り手がなければあの世行きとなる犬の飼い主を探し求めて奔走する心優しい主人公を、堺雅人が人情味豊かに熱演した作品だ。

ストーリーは、

愛妻を亡くし、男手ひとつで2人の子どもたちを育てている神崎。ある日、彼が勤める保健所に、母犬と生まれたばかりの子犬たちが保護される。神崎は、その飼い主を探し求めて懸命に東奔西走するが、母犬は子犬たちを必死に守ろうとして一向に周囲に人間を近寄らせようとはせず、飼い主探しは難航。その間に、上司から厳命された保健所の収容期間の7日間はどんどんと過ぎてゆく一方、母子犬たちの命の刻限は次第に迫ってきて…。

と云ったものだ。

命を考え、愛を見つめる作品だ!

私は昔から犬派だ。
猫が嫌いと云うのではない。
だが、猫のあの何かを企んでいるような眼はどうも好きになれない。
それに比べ、あの全てをさらけ出しているような瞳を見ると、こちらも心の全てを開いてしまいそうになる。

だから犬が出て来る映画作品は全てと言っていいほど観ている。
この犬の出て来る作品は案外多い。特に最近は……。
またこれらの作品の客入りも悪くないようだ。
最近ペットとして犬を飼っている人が多いからだろうか?
犬達に愛情を与える人が多いのだろう。
反面、そのペットとして飼っていた犬達を捨てる人達がいるのも現実だ。


この作品もそんな捨てられた犬達を心ならずも殺処分しなければならない人達とその家族の話しだ。
事実を基にしているのだそうだ。

これを観ていると生き物を相手にするということはそれなりに責任を持たなければならないことに気付く。
ただ可愛いから飼い、飽きたから捨てるでは済まないのだと思う。
人間の都合だけで犬やその他の動物を見ては行けないのだと気付く。

この作品は、命を考え、愛を見つめる作品だ!

画像

ひまわりと子犬の7日間(Blu-ray)
松竹
2013-08-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ひまわりと子犬の7日間(Blu-ray) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"ひまわりと子犬の7日間" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント