テーマ:小説

横道世之介

「横道世之介」を観た。 “横道”という名字に象徴されるように、従来なら青春映画の本道に立ちがたいほど平凡な主人公、世之介。上京して大学に入学した彼は、その後の人生をどう歩んだのか。あるアイデアでそこまで見る者に想像させるという、これまでにないユニークな味の青春編となった。物語途中で明かされる、意外過ぎるある事実。それらすべてが世之…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館戦争

「図書館戦争」を観た。 作の原作や「阪急電車」「県庁おもてなし課」などが立て続けに映画化され、「フリーター、家を買う。」がTVドラマ化されるなど、大きく注目を集める1972年生まれの作家、有川浩。そのベストセラー小説シリーズ「図書館戦争」からその第1作を、人気若手俳優、岡田と榮倉に加え、田中圭、福士蒼汰らの豪華顔合わせで映画化した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館戦争 革命のつばさ

「図書館戦争 革命のつばさ」を観た。 “メディア良化法”による検閲から表現の自由を守ろうとする“図書隊”の面々は、ある人気作家の身辺警護へ。ハードアクションとロマンティックな要素が共存する作品だ。 ストーリーは、 正化31年(2019年)の日本、法の下で検閲を行なう“メディア良化隊”から本を守るべく創設された防衛組織“…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県庁おもてなし課

「県庁おもてなし課」を観た。 知県出身の有川が高知県庁に実在する“おもてなし課”から観光大使のオファーをされたときの実体験をもとにし、映画化にあたっては、高知県庁舎の中にセットが組まれ、リアルな空気感を醸し出す。原作にも登場する吾川スカイパークでのパラグライダーや日曜市など、高知の美しい風景が映し出され、観光映画としても楽しめる作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界にひとつのプレイブック

「世界にひとつのプレイブック」を観た。 愛する者を失った男女が出会い、力を合わせてダンス大会に出場するが……。笑いと涙にあふれるラブストーリー。第85回アカデミー賞でJ・ローレンスが主演女優賞を受賞した作品だ。 ストーリーは、 妻の浮気をきっかけに、怒りの感情をコントロールできないと診断されたパット。退院後は実家で両親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱入り息子の恋

「箱入り息子の恋」を観た。 俳優、ミュージシャン、作家など多彩な才能を発揮する星野源が、映画初主演を果たしたラブストーリー。他人と関わることを極端に避けてきた35歳実家住まいの独身男性と、親同士の代理見合いで知り合った盲目の女性との、両者にとって初めての恋をコミカルに綴る。ヒロイン役は「天然コケッコー」などの夏帆。困難多き恋を通じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王様とボク

「王様とボク」を観た。 18歳の青年と、心は子どものままで止まった親友との再会を軸に、大人になることへの不安や子ども時代の喪失感を抱えた若者たちの揺れる心情を綴る。「仮面ライダーW」の菅田将暉と「侍戦隊シンケンジャー」の松坂桃李というともに特撮ドラマで注目された若手がW主演、共演は「ヒミズ」の二階堂ふみとフレッシュなキャストがそろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アナザー Another

「アナザー Another」を観た。 これまでにコミック化やアニメ化されて人気を集めたミステリー作家の旗手、綾辻行人の原作を、「ルームメイト」の古澤健監督が映画化。最近流行の派手さではなく、恐怖が映像からジワジワ伝わってくるという、極めて日本的でオーソドックスな演出が光る。その恐怖演出を盛り上げるアイテムとして使われているのが、ヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵はBARにいる

「探偵はBARにいる」を観た。 札幌市在住の作家、東直己による“ススキノ探偵”シリーズ第2作「バーにかかってきた電話」を2大人気男優、大泉と松田の顔合わせで映画化。 かつての日本の地方都市のような雰囲気を残す魅力的な町、札幌。そこで探偵を生業とする、私立探偵“俺”が、謎の美女に翻弄される作品だ。 ストーリーは、 札幌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨場 劇場版

「臨場 劇場版」を観た。 “死者の声を根こそぎ拾う”がモットーの型破りな検視官・倉石義男の活躍を描く横山秀夫原作の人気TVドラマの劇場版。残忍な無差別通り魔殺人事件と、その2年後に起きた関係者の連続殺人事件を軸に、検視を通して被害者、加害者、そして遺族たちの心と向き合っていく主人公の姿をリアルな筆致で描き出す作品だ。 ストー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンナ・カレーニナ

「アンナ・カレーニナ」を観た。 ロシアの文豪トルストイの原作を映画化。脚本を手がけたのは劇作家のT・ストッパード。映画全体が舞台劇となっていて、場面転換のときは映像が隣のステージに移動するという独特の手法を採用した作品だ。 ストーリーは、 19世紀末ロシア。政府高官カレーニンの妻アンナはサンクトペテルブルク社交界の華で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きいろいゾウ

「きいろいゾウ」を観た。 田舎町で新婚生活を始めた若い夫婦が、互いに抱える秘密を含めて受け入れあい、愛を深めていく様子が静かな映像で綴られる。心にしみいるような感動作となった。 ストーリーは、 妻利愛子=ツマと、武辜歩=ムコは、満月の夜に運命的に出会い、まもなく結婚した。幼いころに孤独な入院生活を送り、空想の中でいつし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラスの親指

「カラスの親指」を観た。 阿部寛と村上ショージの主演で映画化した痛快エンタテインメント・ミステリー。 凸凹サギ師コンビが、彼らのもとに転がり込んだ若い男女3人とチームを組み、一世一代の大勝負に挑む姿を、ユーモラスな人情模様と予測不能かつトリッキーなストーリー展開でスリリングに描き出していく作品だ。 ストーリーは、 悲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャッキー・コーガン

「ジャッキー・コーガン」を観た。 おなじみの人気スター、B・ピットが、“優しく殺す”がモットーの凄腕の殺し屋をクールに演じた犯罪劇だ。 ストーリーは、 ブッシュ政権下のアメリカで金融危機が顕在化し、次期大統領を決める選挙戦が熱を帯びていた2008年秋。刑務所から出てきたばかりのフランキーは、獄中で知り合ったジョニーから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アウトロー

「アウトロー」を観た。 英国の作家L・チャイルドのベストセラー“ジャック・リーチャー”シリーズの中の1編を、「ユージュアル・サスペクツ」などの脚本で知られ、クルーズ主演「ミッション:インポッシブル」シリーズ第5作の監督にも指名されたC・マッカーリーが映画化した作品だ。 ストーリーは、 ピッツバーグ近郊の街で、川沿いを歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラウド アトラス

「クラウド アトラス」を見た。 ウォシャウスキー姉弟(兄が性転換して姉になった)がD・ミッチェルの小説を原作に、異なる登場人物が6つの時代で繰り広げる冒険を、次々と時代を飛び越えながら描くという複雑なストーリーテリングに挑戦。しかも、T・ハンクス、H・ベリー、韓国のペ・ドゥナら俳優陣に徹底した特殊メイクを施し、ひとり数役を演じさせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラチナデータ

「プラチナデータ」を観た。 DNA捜査の関係者を狙った連続殺人事件が発生。DNAを使った捜査システムが導き出した犯人は、ある科学者で……。二宮和也&豊川悦司が共演したサスペンスミステリーだ。 ストーリーは、 神楽は警察庁の科学捜査機関“特殊解析研究所”、通称“特解研”に所属する天才科学者。同じく天才数学者である早樹とと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦役列車

「苦役列車」を観た。 第144回芥川賞を受賞した西村賢太の同名小説をもとに、友ナシ、金ナシ、女ナシというダメ男のほろ苦い青春時代を、山下敦弘監督が独自のタッチでいとおしく描いた秀作だ。 ストーリーは、 中卒の日当労働者として働き、せっかく稼いだなけなしの金も酒や風俗ですぐ使いはたしてしまう、どん底の暗い青春時代を生きる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グッモーエビアン!

「グッモーエビアン!」を観た。 しっかり者の女子中学生が元パンクロッカーの母とそのバンド仲間に振り回されながら家族の絆に気付いていく。吉川トリコの同名小説を映画化した青春映画。能年玲奈も出演している作品だ。 ストーリーは、 17歳で子どもを産んだ元パンクロッカーの母アキと、対照的にしっかり者に育った娘のハツキ。2人暮ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だいじょうぶ3組

「だいじょうぶ3組」を観た。 5年3組に新しい担任としてやって来たのは、手と足がない先生だった。乙武洋匡が実体験をもとに綴った同名小説の映画化したものだ。 ストーリーは、 東京郊外の松浦西小学校。5年3組に新たな担任としてやって来た赤尾慎之介は、生まれつき手と足がない障害を持っていた。教育委員会に勤める親友・白石が赤尾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルドゥック・スクランブル 三部作

「マルドゥック・スクランブル」を観た。 日本SF大賞に輝いた傑作SF小説を、作者である冲方丁自身の脚本で劇場アニメ化した作品だ。 ストーリーは、 マルドゥック市で娼婦として生きる少女バロットは、行くあてのない自分を拾ったカジノ経営者シェルに車ごと爆殺されかけ、彼を追っていた委任事件担当官イースターと意思を持つネズミ型万…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10人の泥棒たち 豪華声優人たち

「10人の泥棒たち」を観た。 韓国と中国から集まった凄腕泥棒10人のチームが、幻のダイヤの強奪計画に挑むが、彼らは思いも寄らない運命へ……。2012年に韓国などで大ヒットした痛快アクションだ。 ストーリーは、 韓国を拠点にし、美術品を盗むことにかけては一流のプロであるポパイら6人からなる窃盗団だが、ポパイとかつて相棒だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HOME 愛しの座敷わらし

「HOME 愛しの座敷わらし」を観た。 父の転勤で東京から岩手の田舎にやって来たサラリーマン一家。築200年の家で不思議な出来事が……。水谷豊が29年ぶりに映画で単独主演を飾った、ファンタジードラマだ。 ストーリーは、 父親の晃一の転勤で、高橋一家は東京から岩手県の田舎町に引っ越してくる。引っ越し先は築200年という大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよならドビュッシー 女優橋本愛

「さよならドビュッシー」を観た。 「桐島、部活やめるってよ」やNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」等で注目を集める“旬”の女優・橋本愛が、秘密を抱えたピアニストの少女を熱演するサスペンスドラマだ。 ストーリーは、 子どもの頃に両親を失った同い年のいとこルシアと、双子の姉妹のように仲良く育った16歳の女子高生・遥。ところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、さようなら

映画「みなさん、さようなら」を観た。 久保寺健彦の同名小説を、「アヒルと鴨のコインロッカー」「ポテチ」などで組んできた中村監督・濱田主演という名コンビの顔合わせで映画化したものだ。 ストーリーは…… 1981年春、芙六小学校を卒業した107人は全員近くの団地で暮らしていた。その一人、悟は“一生、団地の中だけで生きる”と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more